アカメカブトトカゲについて

Webをはじめとした各種情報のまとめです。誤記や誤解があるかもしれません。ご容赦ください。また、その場合は指摘を頂けると助かります。

  • 和名:アカメカブトトカゲ(赤目兜蜥蜴)、メベニカブトトカゲ
  • 英名:Red-eyed crocodile skink(赤い目のワニトカゲ)、Orange-Eyed Crocodile Skink(オレンジ色の目のワニトカゲ)、red-eyed bush crocodile skinks
  • 学名:Tribolonotus gracilis(gracilis=小さい)

分類

  • 動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目トカゲ科カブトトカゲ属

分布

  • インドネシア(ニューギニア島)
  • パプアニューギニア(ニューギニア島)

姿

  • 全長:15-20cm
  • 頭胴長(SVL):8-10cm
    • SVL(Snout to Vent Length) … 頭の先から総排泄口までの長さ。体長とも。SVL+尾長=全長となる。尾はしばしば切れているため、SVLで測るのが良いようです。
  • 成体は目の周りが赤やオレンジ色になる。アカメという名前だが、目は赤くない。
  • 胴体や四肢の鱗も大型だが、皮膚が露出している部分も多い。
  • 腹はクリーム色で皮膚が露出する。
  • 尾にはやや鉤状になった鱗が並ぶ。
  • 雌雄の判別は、腹部や後ろ足の指で行える。
  • 後ろ足の、第二指と第三指の付け根より少し先の部分が白くなっていればオス。この特徴がはっきりしないオスもいるようだ。

生態

  • 水の近くで湿った熱帯雨林の林床に生息する。ココナッツのプランテーションなどでも目撃される。
  • 夜行性と言われることも多いが、飼育下では明るいところで活動することも多く、昼行性である可能性もある。
  • 食性は動物食で、昆虫類、節足動物、カエルの幼生等を食べる。
  • 繁殖形態は卵生で、1回に1-3個の卵を数回に分けて産む。
  • 鳴くことができる。
  • 内気で、物陰に隠れていることが多い。
  • 驚いたときには、そのままの格好で全く動かなくなる。
  • 寿命:10年程度。
  • 性成熟までは3年。

飼育

  • 一番簡単な飼育方法については、ビバリウムガイド64号に説明があるので参照のこと。
    • ケージとして100円ショップのシューズケースを使用しているので、非常に安価に飼育環境を作れます。
  • 温度:28℃前後。温度勾配を作ることが出来ればなお良い。その場合、高温部は32℃程度。
  • 昼は22-26℃、夜は20-22℃いうように昼夜の違いをつけると良いという説明もある。
  • 湿度:70-100%
  • 紫外線を含んだ照明は必要ない。
  • タイマーを使って昼夜を作る。
  • 水中か水の近くで排泄することが多い。
  • ジャンプすることが出来るので、ケージの外に出している時には注意。
  • エサの昆虫にはカルシウム剤をまぶす。
  • 同性同士には攻撃的であると言われる。特に、オス同士はそうであると言われる。
  • エサは、コオロギ、ハニーワーム、ミールワーム、シルクワーム、ローチなど。カルシウム剤をまぶすこと。
  • 慣れるとピンセットからえさを食べるようになる。慣れた個体は、ピンセットでグラブパイを与えると食べる。

卵と赤ちゃん

  • 卵は6週間おきに産むことができる。
  • 卵は65日程度でふ化する。
  • ふ化時の全長は6-8cm。体重3-5g。
  • ふ化時は、目の周りが赤くない
  • エサは1-2mmのコオロギなどの昆虫。

その他

  • パプアニューギニアの切手のモチーフとなったこともある。

本稿作成にあたって使用した資料

飼育に関する資料など

広告

アカメカブトトカゲについて への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ノート | 晴れの日は理科にしよう

  2. ピンバック: アカメカブトトカゲについてまとめてみました | 晴れの日は理科にしよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中