ムラサキ色の色水づくり

 酸性・アルカリ性を調べる色水づくり。
 定番は紫キャベツなのですが、保存が利いて安い材料がないかとやってみた。

 100円ショップのブルーベリージャム。色は変わるけれど、中間の色が出ないのでちょっと面白くない。
 加えた水溶液は、左から、重曹、キンカン、石灰水、精製水、酢、サンポール。
 イチゴジャムでもやってみたのですが、これはあまりにもちがいが微妙だったので却下。
 畑でとれたムラサキ色のジャガイモでも挑戦。

 これは結構いい色が出て楽しい。色水をたくさん作るの面倒だなと思って、スライスでも十分結果が出る。
 ということは、ムラサキイモチップスとかでもできるんでしょうね。
 まぁ、結論として「紫キャベツが楽でいい」ということになったのですが。
 キャベツをちぎってビニル袋に入れ、多めの塩と少なめの水で揉むと簡単に色水ができます。

広告
カテゴリー: 化学 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中