新しい枝

 冬芽を探して枝の先を見ていったのですが、途中から色が違います。その分が、1年で伸びた分なのでしょうね。

 1年で伸びる分がこれだけとして、逆算していくと、木はものすごい時間をかけて今の姿になっているのだなと言う事がイメージできます。毎年毎年の成長の積み重ねで、太陽の光を存分に浴びられる大きさになって行くわけです。
 でも、その側にはズルいやつも…。

 木にクルクルと絡みついて、一気に上を目指した植物があります。もうこの草は枯れてしまっていますが、また春になったら木を利用して高いところの光を手に入れるんでしょうね。木が長い時間をかけて手に入れた位置を、1年かからずに手に入れるわけです。作戦ですよねぇ。

広告
カテゴリー: 植物 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中