どこがどうなっているかわからない生物

 おたる水族館の深海展。なんだかよくわからない生物が。

 コレ全部が生物なのか、そうじゃないのか。どこが胴で、どこが足なのか。全然わかりません。
 家に帰って調べてみると、オキノテズルモズルはクモヒトデのなかまで、10本以上ある腕をふって動物プランクトンをとるそうです。しかも、腕はいくつにも分岐して、絡まったつるのようになるとか。まさにこの状態ですね。どこからどこまでが一本の腕なのかもわかりません。
 もう一度見に行って、そのあたりをチェックしないとならないなぁ…。

広告
カテゴリー: 動物 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中