ホタテ養殖の道具たち

石狩・後志管内漁業士会主催の親子水産教室で、ホタテ養殖の道具を展示していました。
IMG_5127_
春(5~6月)に、海に採苗器を海につるして、ホタテガイの卵を付着させます。
IMG_5129_
IMG_5132_
 翌春までかけて、中間育成します。
まずは1つめのカゴで育てて、稚貝が大きくなってきたら2つめのカゴに移します。
IMG_5134_
 そして、最後の段階。
 日本海では、この丸カゴを使って出荷まで育てます。
IMG_5138
 噴火湾では、この耳づりで。貝殻に穴を開けて、ヒモを通していきます。
 オホーツクでは、地撒きといって、海に放流します。

 同じホタテの養殖と言っても、やりかた地域によって違うのですね。

広告
カテゴリー: 動物 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中