サメの皮の処理

 おたる水族館のサメの解剖のときに頂いたサメの皮を、展示出来るようにしてみたいと思って、処理をしてみました。
IMG_5268
 生の状態で肉をある程度とり、白っぽい繊維質の肉が残った状態まで進めました。もっと肉をとりたかったのですが、100円ショップで買ったカッターではそこが限界でした。
 その後、腐らせないためにも食塩につけ込み、ジップロック的な袋に入れて1週間放置しました。1週間に意味は無く、十分に塩がしみこめばいいなぁという程度です。今日続きをやったのは、今日に時間がとれたからということでもあります。
 皮は塩で水気が減り、白っぽい繊維質の肉をカッターで切りやすくなっていました。そこで、肉を適当にとり、台所用中性洗剤で洗い、板に張り付けました。
 正直、これで良いのかがまったくわかりません(^^;)
 さて、どうなるのでしょう?

広告
カテゴリー: 魚類, 動物 タグ: パーマリンク

サメの皮の処理 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: サメ皮の乾燥終了 | 晴れの日は理科にしよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中