カイコの目

 子どもにカイコの目って大きいですね。って言われました。
DSC00467_
 なるほど、大きな目があるように見えますが、それは目ではありません。
 カイコの頭部は頭の先っぽにある小さな豆のような部分だけ。だから、そこに目がついています。基本的には、アオムシ(モンシロチョウの幼虫)とおなじです。
 目のように見える部分は眼状紋といって、大きな目のように見せかけて敵を威嚇するのだと考えられています。子どもたちがパッと見て「大きな目がある!」と思うのであれば、それは擬態が成功していることになりますね。
 頭部をきれいに撮影しようかと思ったのですが、あまりにもすごいページがあったのでやる気がなくなりました。そっちで色々見てください(^^;) 桑の葉をばりばりと食べる立派な上あごもきれいな写真で見ることができます。

 ふ化から1ヶ月がたち、そろそろ繭を作る頃…と思うのですが、なかなか次の段階に進んでくれません。今週が勝負でしょうかね。

 

広告
カテゴリー: 動物, 昆虫 タグ: パーマリンク

カイコの目 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: カイコの繭とサナギ | 晴れの日は理科にしよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中