シャコとエビは何が違うのか

某ビールのCMでTOKIOの松岡昌宏さんがキンキ鍋を食べた鰊番屋で、シャコを食べてきました。
IMG_5719

シャコは、ぱっと見エビのようにも見えます。たくさんの節に分かれた背中。頭の先に目がついていて、長い触覚がある。そして腹にはたくさんの脚があって、シッポがある。そして、地元ではガサエビと呼ばれて食べられています。

では、シャコとエビは何が違うのでしょうか?
見た目ですぐ分かるところが、2カ所あります。

IMG_5730_
すぐに分かるのは、エビにはカマがないということです。その代わりに、ハサミがある種類がいます。
シャコの特徴は、立派なカマです。カマキリのカマに似ているので、シャコを英語で「mantis shrimp(カマキリ・エビ)」とも呼びます。小さなエビを捕らえるときにはカマではさんでつかまえるのですが、相手次第ではカマを開かずパンチします。このパンチは、貝やカニを割るほどのパワーがあります。

DSC01573_
脚の数を数えてみましょう。エビは、脚が10本あるように見えます。このことから、エビ・カニ・ヤドカリの仲間は十脚目と呼ばれています。エビの脚が生えている部分は、頭の甲羅がある部分です。頭の甲羅がある部分は、頭胸部といいます。
シャコの脚は6本あるように見えます。この6本の脚が出ている部分はシャコの胸部です。シャコの脚が生えている部分は、頭の甲羅に隠されていません。

他にも色々違いがあるはずなのですが、それはおいおい調べていければと思います…(^^;)
教えてくれる方大募集中です。

IMG_5724_シャコリンク
石狩湾のシャコのおはなし(マリンネット北海道)
エビ・カニ・シャコ類の形態観察(広島大学大学院教育学研究科自然システム教育学講座・広島大学次世代科学教育プロジェクト研究センター)
The Lurker’s Guide to Stomatopods – Mantis Shrimp(英語)
The Mantis Shrimp(英語)
Picture of the Week: Mantis Shrimp, Stomatopod larva(英語)
Aquarium Invertebrates: An Introduction to the Mantis Shrimps — Advanced Aquarist | Aquarist Magazine and Blog(英語)
Roy’s List of Stomatopods for the Aquarium(英語)
#英語のは読めていません…

広告
カテゴリー: , 動物 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中