水の中が大好きなトカゲ

トカゲは地面を這い歩き、あるいは木の上に昇ることもある。というイメージでしたが、アンボイナホカケトカゲは気がつくとこんな感じです。
DSC01825_
学名がHydrosaurus amboinensisで、属名のHydrosaurusは「水のトカゲ」の意味。ここまで水を住み処とするトカゲが居るとは思っていませんでした。ヘビやカメは水中生活をするモノもいるわけですから、同じ爬虫類のトカゲだって…と考えればいいのかな。
普段からこうやって水に入ってくれると、水槽のメンテはすごく楽になるらしいです。
なぜなら、Sailfin Dragon Care Sheetによると、

水替えは毎日しなければならない。なぜなら、トカゲはその中に排便し、そして同じ水入れから水を飲むからだ。ほとんどの場合、これはケージをきれいにするために必要な唯一のメンテナンスだ。その意味で、彼らは生まれつきトイレトレーニングができている。
You must change the water daily because the lizards defecate in and drink out of the same pan. For the most part, this is the only maintenance required to clean the cage. In that sense, they are inherently potty-trained.
(翻訳間違えていたら教えてください)

ということだからです。この水替えさえまめにやれば良いのですね。
とはいえ、うすいタッパーを土に埋めてしまったので、水替えはちょっと工夫が必要ですね。

広告
カテゴリー: 爬虫類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中