アカメケージの模様替え

アカメカブトトカゲのケージの模様替えをしました。
DSC02001
水を流したい。ということで行った模様替えですが、結果として保温・保湿が楽になりました。
床には熱帯魚用ヒーターで30度に保った水が7cm張ってあり、その水が陸の4カ所から流れています。そのため、温度も湿度もある程度保たれるわけです。(地表が25度以下になる場合には暖突のスイッチが入ります)
このおかげで、ケージから保温電球と加湿器を撤去して、空間を広くすることが出来ました。
写真では、トカゲは右端で小さくなっています。ホースの下に居るのは、温水で温かいからかも知れません。

代わりに、メンテナンス性は悪くなりました。
以前は、水苔を敷き詰めていたので、フンがあればその周囲の水苔ごとつまみとって廃棄で良かったのですが、今度はそうはいきません。水の中にフンをすることもあり、その場合は水全体がにおうことになります。土を入れているので、微生物のはたらきに期待したいところですが、それが上手く行くかどうかはこれから検証していくことになります。

ホースが見えて居るぞとか、ろ過マットが見えているのはどうなんだとか、見た目については色々あるわけですが…(^^;)
まぁ、その辺は取りあえず諦めました。また今度。

なお、今回の模様替えでは、ティポイント6iの使用をあきらめて、ニュースペースパワーフィットSを使っています。こちらの方が、浅い水でも使えるので。

広告
カテゴリー: 爬虫類 タグ: パーマリンク

アカメケージの模様替え への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ケージの模様替えから1週間 | 晴れの日は理科にしよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中