ケージの模様替えから1週間

アカメカブトトカゲのケージの模様替えをしてから、1週間になりました。
SONY DSC
一応今日とった写真ですが、先週とあまり変わらないですね(^^;)
温度と湿度はとても安定しています。29℃程度の温水がケージ全面に張ってあるわけですから、当然といえば当然です。

水を張ってから2日目に酸っぱいようなにおいがしていました。木を水に入れているのでそのせいだろうと思います。対策として、キョーリンのブラックホールを入れました。その2日後にはにおいが消えていました。

メンテナンスは、今のところ予想していた大変さはありません。
陸にフンをした場合は、今まで通りピンセットでつまみとり、周りのソイルも取り除いています。鉢植えの陰など、とりにくいところにフンをしていない(と思う)ので、楽を出来ている8割くらいはアカメカブトトカゲのおかげです。
水の中にフンをすることもあります。しかし、フンの茶色い部分(ウンチ部分)はうすい膜に包まれているようで、水に混ざっていくことはありませんでした。そのため、注意してピンセットでつまみとったり、茶こしの網ですくい取ったりすることで、水をほとんど汚さずに済んでいます。白い部分(オシッコ部分=尿酸)はうまくとれないことが多いのですが、尿酸は水に溶けないのでそれほど水を汚すことにはならないだろうと思っています。

広告
カテゴリー: 爬虫類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中