フタホシコオロギのメリット

先日、イエコとフタホシの比較をしたのですが、関連したメリットを見つけました。
コオロギの動きが緩慢だと、弱っているなどで動きが緩慢な個体のエサとして有効だということです。

オタマジャクシから育てたエゾアカガエルが1匹居るのですが、この子の後ろ足が曲がってしまっていて、素早い動きが出来ません。これまでは、このカエルのケースにダスティングしたイエコ(後ろ足をとったもの)を入れていたのですが、思うように食べれていないようで、数日後には粉が落ちたイエコがケースにいるという状態でした。今は、同じくダスティングしたフタホシを入れて、数日後に見ると、フタホシの姿がなくなっているのです。ダスティングされた状態で食べれていると言うことにもなるので、今後の成長の中で後ろ足の症状も改善されるかもしれないと期待しています。

もう一匹、職場の壁に張り付いていたニホンアマガエルがいるのですが、このケースに入れたコオロギも、きれいに姿を消すようになりました。そして、フタホシを与えてからブクブクに太っています。足を折らずに入れた方が、この子の運動のためになるのかもしれないと思っているところです。

広告
カテゴリー: 昆虫, 両生類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中