アカメカブトトカゲのケガが悪化。そして病院へ。

前回に満身創痍と書いたアカメカブトトカゲですが、爬虫類の大先輩の指導(薄めたイソジンとオロナインを使った消毒)の下、大部分のケガは回復しました。
しかし、目の上のケガを「目に入ったら嫌だなぁ」「なめたらどうしよう」とあまりちゃんと消毒しなかったのです。その結果、そこだけ化膿してしまいました。ちゃんと消毒しないとダメだってことですね…。

膿がたまったので、一度は僕が針とカッターで穴を開けて膿を出したのですが、やはり素人の処置ではダメだったようで、2日後にはまた膿がたまってしまいました。
IMG_6922
目をふさぐように膿がたまっています。たぶん、左目は見えていないでしょうね。
IMG_6923_
上から見ても、大きく膨らんでいるのがわかります。(白く見えているのはオロナイン)
もう素人の手には負えないと思い、ペットショップに相談し、病院に行くことになりました。
IMG_6926
せっかくなので、お願いして処置を見せてもらいました。
まず、膿がたまっている部分に注射針で穴を開け、すぐに穴がふさがらないようにピンセットで広げます。
そして、綿棒で膿を押しだし、ぬぐい取ります。
穴の奥にはまだ膿があるので、リンゲル液を流し込んで洗い流します。
仕上げに、消毒用の軟膏を穴にいれます。これは穴がすぐにふさがらないためという意味もあるのかなと思いました。
処置は15分程度。アカメカブトトカゲを初めて見たという先生の感想は「おっとりしているね~。」でした。たしかに、処置中に暴れたりしませんでしたからね。良い子でした。
IMG_6929_
処置後はこんな感じ。目が半分見えるようになりました。
毎日飲ませる抗生物質が出ました。個体サイズが小さいのと、場所が悪いのとで、外科的なことはあまり出来ないので、中から薬で化膿を止めるということでした。
IMG_6931
気になる病院代は3780円。保険がきかないのでビビりながら行きましたが、それほどの金額にはなりませんでした。

広告
カテゴリー: 爬虫類 タグ: パーマリンク

アカメカブトトカゲのケガが悪化。そして病院へ。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 目の上の化膿。その後。 | 晴れの日は理科にしよう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中