クエン酸と重曹を反応させて楽しむ45分

 小学校での科学クラブのネタ。

1.シュワシュワするお菓子があることに触れる。→実食
 ラムネ菓子だから重曹+酸が入っているかというと、そうでもないので、ラムネ菓子は中身をチェックして選ぶ必要がある。森永のラムネがどこに行っても置いてあったが、これはNGでした。
 今回選んだのは、コリスの「あわソーダ」です。
 パッケージの裏面写真を載せているサイトがありますが、そこを見ると「酸味料」と「重曹」が入っていることがわかります。

2.シュワシュワが何なのかを考えてみる
 空気が出ている、コーラと同じなどの声が出たので、コーラのシュワシュワが何かを確認。6年生に「二酸化炭素」と言わせる。

3.ラムネ菓子の表示から、どれが怪しいかを考えさせる。
 重曹が怪しいという声がすぐに出た。なぜわかったのかは不明。
 クエン酸も怪しいと言う声が。(クエン酸Caが入っている)
 じつは、重曹とクエン酸がココにあるといって袋から取り出す。

4.味見
 クエン酸は酸っぱい。重曹は苦い・しょっぱい。
 酸性とアルカリ性の話も簡単にする。

5.手袋の中で反応させてみる
 中身の見えるぺらぺらの使い捨てポリ手袋の親指部分に、重曹とクエン酸を小さじ1程度入れる。
 他の指のどこかに、水を少し入れる。
 手首部分をしばり、手袋の中で重曹+クエン酸に水を加える。と、反応して手袋が膨らんでいく。このとき出ている気体が二酸化炭素という話をする。

6.ラムネを作る
 砂糖水をつくり、重曹を混ぜる。最後にクエン酸を入れて軽く混ぜて飲む。
 分量がちょうど良ければ飲める物になるし、そうでなければひどい物が出来る。
 何度か試行錯誤して、おいしく飲める頃に時間となる。

広告
カテゴリー: ものづくり, 化学, 工作 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中