焼きそばを食べながら科学を学ぶ45分

 小学校での科学クラブのネタ。
 色変わり焼きそばや、レインボー焼きそばとか言われているモノ。

1.ホットプレートに適当に切った紫キャベツとを水を入れて煮る。煮汁に色がつけばOK。
2.焼きそば用の麺を見せ、これが何色かを確認する。黄色。
3.麺を入れると、麺が緑色に変化する。一回目の変色。中華麺をつくるときには「かん水」というアルカリ性の水を使っているため、紫キャベツの色素が緑色になる。
4.次に、酸性にするとどうなるか。レモン汁を振りかけると、赤色に変色する。
5.変色はここまで。あとは、適当に具を入れてソースで味付けをして食べる。魚肉ソーセージと付属の粉末ソースが手軽で良い。
6.おいしく食べて、後片付けをしているあたりで時間となる。

広告
カテゴリー: ものづくり, 化学, 工作 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中