起動しないパソコンがバッテリパックを外したら治った話

職場で同僚が使っているパソコンの調子がだんだん悪くなり、ついには起動しなくなった。と言うことで、修理依頼が入った。

東芝のノートにWin7Proが入っているのだけれど、セーフモードでも起動しない。classpnp.sysまで読み込んだ表示になり、そこから先に進まないのだ。

色々調べてどうにもならなかったので、東芝のサポートに聞いてみたら、

「バッテリパックを外していないのでしたら、外してみてください。それで治ることもよくあるんです。」

半信半疑で外して15秒。つけ直して起動すると、なんと動いた。

パソコンがどうにも調子が悪い時は、パソコンの放電を試してみると良いかもしれません。東芝のサポートのページが引っかからなかったので、NECのサポートのサイトですが、こんな記述がありました。

パソコン本体に不必要な電気が帯電していると、正常に起動しない場合があります。この場合、放電(帯電している電気を放出)する必要があります。

via 121ware.com > サービス&サポート > Q.

広告
カテゴリー: IT タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中