カエルになったらどうしよう

毎年この季節になると、カエルの卵が持ち込まれます。そして、無事に卵からかえり、オタマジャクシを育てるところまでは、大体上手くいきます。

P5021049.JPG

問題はその先で、上陸してすぐのエサを用意するのがむずかしいのです。

以前に、アブラムシがついている草を入れて食べさせたことがありました。それなりに大きくなってきたなと思ったときに、骨が曲がっていることに気づきました。くる病です。

そのときはすでに、エサをカルシウムパウダーをまぶしたコオロギやハニーワームに切り替えていたのですが、結局長生きさせることはできませんでした。

上陸からしばらくの、ごくごく小さな昆虫を与える時期に、どれだけよいえさを与えられるかが勝負なのでしょうね。でも、身近な人に聞いてみてもあまり良い答えは返ってきません。

カエルのブリーダーの方とかは、どのようにしているのでしょうね。

広告
カテゴリー: カテゴリなし, 両生類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中