化石のレプリカの手順書

自分用メモ。

  • 準備物
    • 印象材(かたとって)
    • 石膏(速く硬化するタイプで)
    • 紙コップ
    • 割り箸
    • はかり
    • 水差し(ペットボトル可)
    • 化石
    • シリコンスプレー
  • 準備
    • 化石にシリコンスプレーをかけておく
    • 印象材を紙コップに5g/個ではかっておく。
    • 水を紙コップに20g/個ではかっておく。この水は印象材用。
    • 石膏を紙コップに20g/個ではかっておく。
      • 石膏用の水は印象材に使ってから、その紙コップに測ればよい。
      • 量は、16g/個。
  • 手順
    • 化石を選んでもらう。
    • 印象材に水を入れて1分程度練る。
    • 印象材入りの紙コップをトントンして気泡を抜く。
    • 印象材に化石を入れる。
      • アンモナイトのように、気泡を含んでしまう形状の化石であれば、一度印象材の中で立ててから倒すなどして、気泡が入らないくふうをしてもよい。
    • 硬化を待つ。余裕を見て15~20分。
      • その間に、化石や生物についての説明があると良い。
    • 硬化した印象材から化石を取り出す。
      • 紙コップをもむようにして、コップと印象材の間にすき間をつくり、印象材をひっくり返して落とすとよい。その後、印象材と化石の間にすき間をつくりながら、丁寧に取り出していく。
    • 紙コップを軽く掃除してから、印象材を戻す。
      • 紙コップについている細かな印象材は、石膏の混ざらないように取り除いておくとよい。
    • 石膏に水を入れて1分程度混ぜる。
    • 型に石膏を流し込む。
      • 軽くトントンをすると、気泡が抜けてよいのではないか。また、上から流しただけでは十分に流れ込まない形状の型ができてしまっていれば、傾けるなどの工夫が必要。
    • 硬化を待つ。余裕を見て30分。
      • この間に、化石や生物についての説明があると良い。
      • 化石クイズ、絵本の読み聞かせ(アンモナイトとオウムガイの)などで時間を使う手も。
    • 硬化した石膏を型から取り出す。
      • 紙コップを裂いて型ごととりだし、丁寧に型をはずしていく。型は犀利使用しない前提なので壊してよい。
    • 十分に乾燥させてから、着色。さらに乾燥させてニスを塗るなど。
      • このへんは実験教室ではできないので、家庭でやってもらう。
広告
カテゴリー: ものづくり, 実験教室 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中