個人型確定拠出年金と、ふるさと納税。

分からないことを、楽天証券と税務署に聞いてみたのでまとめ。内容の正確性は保証しない。

確定拠出年金とは、毎月決まった額の掛金を積み立てて、その資金を自分で運用しながら老後の備えをする公的制度です。
この制度では様々な税制優遇が受けられ、確定拠出年金制度で運用した際の運用益が非課税になるだけでなく、
所得税、住民税の控除などを受けることも可能です。

経由: 個人型確定拠出年金:iDeCo(イデコ) | 楽天証券

個人型確定拠出年金について

  • 僕は公務員なので、17年1月からしか使えない。
  • 金額は、12000円/月。12ヶ月で144000円。(公務員の場合)
  • この金額は、所得から控除されるため、所得税と住民税が安くなる。
  • 民間の年金保険などでは、控除額が上限4万円。それに対して、確定拠出年金は上限無し。全額控除になる。同じ金額を年金として預けるなら、その分確定拠出年金の方がお得になる。
  • 所得税を所得の20%とすると、安くなるのは28800円/年。
  • 住民税を所得の10%とすると、安くなるのは14400円/年。
  • 合計すると、144000円の30%で、安くなるのは43200円/年。
  • 金融機関に預けた確定拠出年金は、60才を超えるか死ぬかしないと引き出せない。
    • 運用方法(貯金か投信かなど)や金融機関の変更は可能。
    • 投信の場合の運用益は非課税。

ふるさと納税との関わりについて

  • ふるさと納税に使える上限額は、所得によって決まる。
  • 個人型確定拠出年金を使うと、その分が所得から控除される。
  • そのため、個人型確定拠出年金を使うと、ふるさと納税に使える金額が減る。
  • 15万円程度の所得減では、ふるさと納税の上限額が数千円減ると考えられる。
  • ふるさと納税の上限額シミュレーターに入れる所得額を、控除される金額分差し引いて入力するとよい。より正しい値が出てくるはず。

まとめ

  • 余剰資金(動かせなくなってもよいお金)があるのであれば、確定拠出年金はかなりお得。
  • ただ、当面は「死ななきゃ出せないお金」になるので、その覚悟があるかどうか。
  • ふるさと納税は、ギリギリまで使っていないのであれば併用して問題なし。
  • ギリギリまで使うならば、控除額を差し引いた計算で、再度計算し直してみるとよい。

 

広告
カテゴリー: カテゴリなし パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中