ブラキストン線以外の線(北大総合博物館170107)

北海道と本州では生物の分布が違って、そのラインとして津軽海峡にブラキストン線がある。
というのは、知っていた。
ヒグマとツキノワグマの分布のライン。北海道にはキタキツネやエゾシカが居るけれど、本州にはいない。
昆虫だと、カブトムシやゴキブリやダンゴムシが北海道には居ないとされていたのも、関係していそうです。

北海道とカラフトの間に、八田線というのがあるのも、稚内にいたときに聞いたような気がする。

そのくらいかなぁと思っていたら、まだあったんですね。

日本とその周辺地域における生物分布境界線.jpg

札幌のあたりに河野ライン。これは、昆虫の分布の境界線だとのこと。
ということは、旭川と札幌では違いがあるということなのでしょう。稚内や根室だったら、寒いから居ない昆虫いるよねって思うのですが、それだけではないんですね。

広告
カテゴリー: 動物, 昆虫, 植物 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中