エサをミールワームに移行

アカメカブトトカゲのエサを、ミールワームに移行しました。

IMG_0695.JPG

2匹いたアカメカブトトカゲのうち、先に飼っていた一匹が星になりました。2年程度一緒にすごしたことになります。自切を繰り返した個体で、最後はエサを食べない日がつづきました。傍目には元気だったんですけれど、体力は落ちていたのでしょう。

とにかく、食べさせることが大切だ。と考えて、エサをミールワームにしました。理由は簡単で、食いがよく安定して手に入るからです。

ミールワームは栄養バランスが悪いことでも知られているので、良いえさを与えて太らせることと、必ずカルシウムでダスティングをすることを心がけています。

といっても、エサは「バーディー ヒヨコフード」(フィード・ワン)というヒヨコの餌とカルシウムパウダーを適当に混ぜたモノを用意し、その上にホームセンターで買ってきたミールワームをばらまいただけです。水は特に与えていませんが、これだけで結構長持ちするみたいです。ミールワームも太ってプリプリになってきました。

ヒヨコフードは、単純にそのホームセンターで売っていたのがそれだけだったということです。特に選んでいません。もっと良いものがあったら教えてください。

アカメカブトトカゲのエサは、以下の様な変遷できました

  • イエコオロギ
    • 冬場は通販で買えるところがないので入手しづらい
    • 年間を通して用意し続けるのが難しい
    • 飼育を失敗するとすぐ死にまくる
  • フタホシコオロギ
    • 函館から通販できるので年間を通して入手しやすい
    • 大きくなりすぎるとアカメカブトトカゲのエサにはならない
    • 肉食傾向が強いためか、アカメカブトトカゲがかじられてケガをした
    • 飼育に失敗するとすぐ死にまくる
  • ブドウ虫(ハニーワーム)
    • 割とよく食べてくれる
    • 冬場は渓流釣りの季節ではないので釣具屋でも入手しづらくなる
    • 脂肪が多すぎるという話がある
  • シルクワーム(カイコ)
    • 年間を通して入手できるわけではない
    • 成長が早すぎて、大きくなるとアカメカブトトカゲのエサにならない
    • エサが特殊で、キープが難しい
  • レッドローチ
    • 年間を通して入手しやすいわけではないが、自家繁殖が容易
    • かなり適当にキープしていても、まず死なない
    • 導入初期はアカメカブトトカゲが食べてくれたが、食べなくなった
    • カエルのエサとしては優秀
  • ミールワーム
    • 年間を通して近所のホームセンターで安定して入手できる
    • エサもホームセンターで入手できる
    • 水も与えず暖かいところに放置でOKなので、キープがものすごく簡単
    • 死んでも腐らない(乾燥してパリパリになる)ので臭くならない
    • アカメカブトトカゲの食いつきがよい
    • 栄養バランスは悪いらしいので、ダスティングは必ず行う
    • ばらまきだと、ダスティングしたカルシウムパウダーが落ちてから食べるかも知れないので、目の前で食べることを確認する

欧米ではミールワームがよく使われていると聞くので、これでしばらくやってみようと思っています。暖かくなって、イエコとかを通販で買えるようになるったら、イエコも与えようと思いますが。

広告
カテゴリー: 爬虫類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中