改訂版 メダカに卵を産ませる方法

以前に「メダカに卵を産ませる方法」を書いていたのですが、その改訂版を。色々少し変えながら、今年もメダカを育てています。

変更した部分を赤字にしています。

  • メダカを用意する
    1. どこで買っても良く、1匹20円でペットショップやホームセンターで売っているモノで十分です。たぶんそれはえさ用のメダカなのですが、それでも問題はありません。
    2. 通販で1匹あたり数円で売られているモノでも大丈夫ですが、値段の分少しやせている場合もあるでしょう。その場合、卵を産むまでの期間を長く見なければなりません。
    3. 買ってから産卵までは、2週間~1ヶ月かかります。卵がほしい時期から逆算して、メダカを用意しましょう。幸い、えさ用メダカは年中売っています。
  • まずはトリートメント
    1. たいていの場合、店員さんがメダカを網ですくってビニル袋に入れてくれます。このとき、メダカは体中に擦り傷を作ることになります。この傷から感染して、白いカビが生えて死んだりします。
    2. 傷が治るまでの間(3~5日程度)は、薬を入れた水で管理します。カルキ抜きをした水を水槽に用意し、メチレンブルーを薄めにパッケージの指示通りの濃度になるように入れます。メチレンブルーを使っている間は、水草を入れてはいけません。水草が枯れるので、水質が悪くなる原因になります。
    3. 水槽に、買ってきたメダカをビニル袋ごと浮かべて、温度を合わせます。1時間も浮かべれば十分です。
    4. メダカを水槽に入れます。網を使ってはいけません。
    5. メチレンブルーは酸素に触れると透明になります。徐々に青い色は薄くなりますが、3日目くらいから毎日半分くらいずつ水替えをしていきます。メチレンブルーが入っているうちは、微生物が増えないので良い水(うすく黄色い水)になりません。透明になるまでその水を使っても良いですが、5日程度でカルキ抜きをした水に変えてしまってもいいでしょう。水替えなどのメンテナンス時にも、決して網を使ってはいけません。
  • 置き場所と水温
    1. メダカは日光に当てた方が丈夫に育ちます。日光が当たるような場所に置きます。
    2. 水温は、20℃台になるようにします。(一応は40℃近くでも生きるそうです。)
    3. 直射日光が強くて水温が上がってしまうようであれば、すだれのようなモノをかけるとか、水槽の一部分が隠れるように段ボールを置くとかで調節します。
      僕は、職場の窓が東向きなのでそこに置きっぱなしにしています。一番日光が強い時間は光が当たらないので、ちょうど良いみたいです。(北海道だからと言うこともあるでしょう)
  • エサと水替え
    1. エサはトリートメント中から与えてかまいません。必ずすぐに(1分程度で)食べきれる量を与えてください。えさが残ると水質が悪くなってしまいます。
    2. 日に1~2回のエサでもいいのですが、産卵のために太らせることを考えると、日に4~5回与えた方が良いでしょう。
    3. えさを与えない日がない方が良いのですが、職場で飼育するとそうも行かないのがつらいところ…。タイマーでえさをあげる方法もありますが、エサがどさっと出て水質が一気に悪くなるリスクがあります。数日エサが無くてもそれが原因で死ぬことはないので、そこはあきらめた方が安全です。
    4. 食べきる分しかえさを与えないと、水替えもほとんど要らなくなります。大きなスポイト(GEXのクリーナースポイトなど)で、水の底にたまった糞や食べ残しの餌を取り除きます。いっしょに水を吸うことになるので、減った分の水を足します。この程度の量であれば、カルキ抜きは必要ありません。2週間に1度くらい、半分くらいの量を交換する程度で良いでしょう。それ以外は、水が減ってきたらカルキ抜きをした水を足します。水替えの回数は少ない方が良いのです。
    5. 水のニオイが悪くなったら(酸っぱいようなニオイがしたら)、水を全部取り替えてしまいます。原因はエサのやり過ぎでしょう。そうならないようにします。
    6. 何をやっても死ぬ個体はいます。死んだ個体はすぐに取り除きます。
    7. 水は、うっすらと黄色に色がついたような状態になるとよいでしょう。微生物がたくさんいる、メダカにとってちょうど良い水です。汚いと言って水替えをしてはいけません。微生物に早く増えて欲しい!というときには、市販の微生物(GEXのベストバイオサイクルなど)を入れると良いかも知れません。
  • 産卵のために
    1. 産卵は朝に行うので、昼と夜とをきちんと作ります。
    2. 産んだ卵を水草などに引っかけるので、カボンバのような水草を入れます。水草の種類は色々ありますが、カボンバが安くてどこでも手に入ります。専用の産卵床もペットショップにあります。
    3. 卵は指でつまんでとり、水道水を入れたシャーレなどに入れておきます。採取した日を書いておくと、その後の管理の参考になるでしょう。水道水は塩素が入っているので、卵をカビるのを防ぎます。水替えをせず、暖かなところに置いておくと、そのうちに孵化します。
  • 病気の時は
    1. 病気が簡単に治るとは考えない方が良いです。
    2. メダカの体に水カビが生えて死んでしまうことがありますが、水カビの原因となる菌は必ず水槽内にいますので、完全に予防することは出来ません。ケガをしたり、体力が無かったりする個体が感染するのでしょう。ですから、そのように死んだメダカが居ても、水槽の水替えを行う必要はありません.死んだ個体を取り除くだけで良いです。
    3. 病気のメダカを別の水槽に隔離して薬浴します。
    4. 病気が出た水槽の水は、できれば全部交換します。残っているメダカにも、薬浴させた方が良いです。
    5. 薬浴中は産卵を期待できません。そのため、水槽をいくつかに分けて飼育しておく方が、リスク分散になって良いでしょう。
  • その他
    1. 水槽に小石などを敷く必要はありません。メンテナンスがめんどくさくなるだけです。
    2. エアは、送り出す量をコックで調節できる部品(NISSOの三叉分岐など)を使って、少しだけ送り込みます。エアの量が多いと、エアに巻き込まれて死ぬ個体もでてきます。エアやフィルタも不要です。
    3. エアをつかわない場合は水深を浅く、水面が広くなるようにした方が良いです。エアを使う場合でも、メンテナンス(スポイトで糞をとるなど)の都合上、水は浅い方がよいでしょう。
    4. 授業などの必要があって、小さな水槽にわけて飼育することがあるでしょう。この場合は、メダカを新しい水に入れるのではなく、微生物がたくさんいる水槽の水を使った方が良いと思います。100%水槽の水となると大変ですが、せめて1/3程度は入れられると良いのでは無いかと思います。
    5. 稚魚をすくうには、レンゲが良いそうです。(6/18追記)
広告
カテゴリー: 魚類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中