焼いてガラスを溶かす→ガラス絵の具で

6年生の図工に「水の流れのように」という単元があります。
「ガラスが溶けて流れる様子を想像して、自分の思いにあった焼き物を作る。」というわけで、焼き物です。ただの焼き物ではなく、そこにガラスを置いて、それが流れることを想定に入れて、水の流れを表現するのです。

そもそも学校で焼けるのか?

ということで、焼き物を早々にあきらめて、紙粘土+ガラス的な何かで考えました。

教材屋のカタログを見ると、紙粘土+PVAのキットがある。ので、100円ショップで紙粘土とPVAを買ってきて試しましたが、PVAは乾燥するとペラペラになってしまうことが分かりました。(ラメを入れるときれいだけれど、ペラペラなのは変わらない)

そこで、ペラペラにならないであろうガラス絵の具(もちろんダイソー)で挑戦。

P6091317.JPG

なかなか良い感じになりました。(児童の作品なので部分だけの公開でご容赦を)

まだ完全には乾いていませんが、乾いてもペラペラになることは無さそうです。

問題は、ダイソーで売っている色しか使えないので、微妙な色を出せないこと。透明なガラス絵の具が大量に(PVA糊のボトルのように)あればいいのになぁって思います。いい材料あれば、どなたか教えて下さい。

なお、ガラス絵の具の材料は、ポリアクリルエマルジョンだそうです。

P6091347.JPG

広告
カテゴリー: ものづくり, 図工, 工作 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中