炭酸水をつくって楽しむ45分間

小学校の科学クラブネタです。
以前にも「クエン酸と重曹を反応させて楽しむ45分間」を書いていますが、そのときの反省を踏まえて再挑戦です。

前回の反省は、紙コップで反応させたので炭酸が弱かったということです。そこで、しっかり炭酸が入るように、ペットボトル内での反応にしました。
参考にしたのは究建築研究室 Q-Labo.。かなり詳しいです。

炭酸水づくりだけでは45分を持て余すなと思ったので、見た目が楽しい実験もプラス。
参考にしたのはえこどもあ 共働き子育て局です。

というわけで、今回の手順書公開。

前半「重曹+酢の反応を見よう」OLYMPUS DIGITAL CAMERA準備:重曹、酢、サラダ油、食紅、ビーカー
・ビーカーに酢を注ぐ。1cmもあれば良い。
・酢を色素で着色する。
・油を注ぐ。ビーカーの半分以下で。
・ここに重曹を入れるとどうなるだろうか?
・簡単に予想をしてから、やってみる。
・あわが発生して、色のついた酢が浮き上がったりする。
・重曹と酸性の液(酸っぱい液)とが反応して、二酸化炭素の泡が出ている。
・反応が止まった後、また反応するにはどうしたらよいか?
・試行錯誤でやってみる

後半「重曹+クエン酸で炭酸水をつくろう」
P6282592.JPG準備:重曹、クエン酸、グラニュー糖、香料(オレンジとレモン)、オブラート、
炭酸用ペットボトル(持参させる)、氷、水、ピッチャー
・冷水250mlを紙コップにはかりとる。
・砂糖約25g(小さじ5杯相当)をはかりとり、水に溶かす。(参考:コカコーラだと28g程度)
・重曹を5g(小さじ1杯相当)はかりとり、水に溶かす。
・香料(オレンジエッセンス)で香りを付ける。
・氷を数個入れて、冷やす。
・クエン酸を5g(小さじ1杯相当)はかりとる。
・冷えた砂糖水と重曹をペットボトルに入れる。
・クエン酸をペットボトルに入れ、素早くキャップを閉める。
・ペットボトルを振って、重曹とクエン酸を反応させる。
・このときに泡立つのは、前半の実験と同じ理屈。重曹と酸性(酸っぱい液)が反応して、二酸化炭素が発生している。
・炭酸水が出来たので、美味しくいただく。

実際には、クエン酸をペットボトルに入れるときに、オブラートに包んで入れると良いと書いてあったのでその方法でやってみた。でも、上手く入れることが出来なかったので記事では割愛。包み方なんでしょうね。

広告
カテゴリー: 化学, 実験教室 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中